「怖い」「恐い」の違いは?意味や使い分けをわかりやすく解説!

似ている言葉の違い
スポンサーリンク

「怖い」とは

「怖い」とは、危険を感じて不安になることを意味する言葉です。「危害を加えられそうで不安」「悪い結果になりそうで不安」などのように、精神的に落ち着かない様子を表します。

また、直接的に不利益に結びつかなくても、得体の知れない何かに漠然とした不安を覚え、気味が悪いと感じた場合にも「怖い」と言います。

「怖い」は常用漢字であり、公用文等で使用することができます。

例文
  • 怖いと評判のお化け屋敷に向かう。
  • 知らない人がずっと家の前に立っていて怖い。
  • 怖い映画を見た後はお風呂に入りたくない。
  • 夜道を一人で歩くのは怖い。
類義語
  • 震える
  • 背筋が凍る
  • ぞっとする
  • 怯える
  • 気味が悪い
  • 肝が冷える

「恐い」とは

「恐い」とは、「怖い」と同様に、危険を感じて不安になることを意味する言葉です。全く同じ意味を表しているので、一方が使える文脈ではもう一方も使うことができます。

「恐い」は表外読み(常用漢字表にない読み方)なので、公用文等では使用できず、使用範囲は日常表現に限られます。

例文
  • 高いところも狭いところも恐い。
  • 屏風には恐い顔の仁王像が描かれている。
  • 先ほど地震が起きて恐かった。
  • 幼い娘は犬を恐がる。
類義語
  • おっかない
  • 身が竦む
  • 気圧される
  • たじろぐ
  • 戦慄く
  • 身の毛がよだつ

「怖い」「恐い」の違い・使い分け

  • 「怖い」:危険を感じて不安になる。常用漢字。
  • 「恐い」:危険を感じて不安になる。常用外。

「怖い」と「恐い」はどちらも全く同じ意味を持っているので、使い分けをする必要はありません。危害を加えられそうだったり、よくない事が起こりそうで不安を感じた場合に、両方とも使用することができます。ただし「怖い」は常用漢字であり「恐い」は表外読みなので、公用文では「怖い」と表記しましょう。

根拠のある区別ではありませんが、「怖い」は不気味さを、「恐い」は暴力や威圧を、それぞれ印象付けて表す場合があります。例えば「怖い顔」と言った場合、「のっぺらぼう」や「生気の感じられない真っ青な顔」などを思い浮かべ、その一方で「恐い顔」と言った場合は「無愛想だったり怒った表情の顔」を想像しやすいのではないでしょうか?

本来「怖い」と「恐い」にこのような区別はないため、便宜的な使い分けが定着している可能性があります。

「怖い」は主観的で「恐い」は客観的?

「『怖い』は主観的な恐怖を表し、『恐い』は客観的な恐怖を表す」とする俗説がありますが、これは誤りです。「怖い」も「恐い」も主観的な恐怖を表します。

では客観的な恐怖はどう表現するのかというと、「恐ろしい」と言います。「怖い/恐い」が主観的恐怖を強調していて、「恐ろしい」は客観的恐怖を強調しています。「恐い」と「恐ろしい」の漢字が共通しているので意味合いが混同されているようです。

注意点としては、「怖い/恐い」と「恐ろしい」は、主観客観をそれぞれ強調しているという認識が世間に広まっているだけで、明確に区分されているわけではないということです。

タイトルとURLをコピーしました