「上る」「昇る」「登る」の違いは?意味や使い分けをわかりやすく解説!

似ている言葉の違い
スポンサーリンク

「上る」とは

「上る」とは、低い位置から高い位置に移動することを意味する言葉です。物事が上に移ることを表します。

この他には、「著しい数量に達すること」「議論や会話などに取り上げられること」「都に向かうこと」「流れに逆らって進むこと」などの意味もあります。

例文
  • 幼児が椅子に上るのは危ない。
  • 公演の来場者数は10万人に上る。
  • 学生時代の思い出が話題に上った。
  • 鯉が川を上っていく。
類義語
  • 乗る
  • 至る
  • 達する
  • 上がる

「昇る」とは

「昇る」とは、勢いよく高い位置に移動することを意味する言葉です。特に天空や高位の座に達することを言い、ある線の上を辿っているような動作に対して使われます。

またエレベーターやエスカレーターなどの機械によって上に運ばれることも「昇る」と言います。

例文
  • 朝日が昇る。
  • 煙が昇る。
  • 天にも昇る気持ち。
  • エレベーターで昇る。
類義語
  • 飛ぶ
  • 舞う
  • 飛翔する
  • 現れる

「登る」とは

「登る」とは、高い位置を目指して進むことを意味する言葉です。移動には主体性が伴い、高所を目指す意欲や辿り着くための労力が付随します。

「山」や「坂」など、一般に上方への移動が困難である場所を進む際に使われます。

例文
  • エベレストを登る決意をした。
  • 鯉の滝登り。
  • 坂道が続いていて登るのが大変だ。
  • マイクを持って壇上に登った。
類義語
  • 進む
  • 目指す
  • 乗り越える
  • 耐え抜く

「上る」「昇る」「登る」の違い・使い分け

  • 「上る」:低い位置から高い位置に移動する。
  • 「昇る」:勢いよく高い位置に移動する。
  • 「登る」:高い位置を目指して進む。

「上る・昇る・登る」のうちで「上る」は最も広く一般に使われている表現で、「昇る」と「登る」はより限定的な表現になります。指示する現象は「上る」が「昇る」と「登る」を内包していると言っても差し支えありません。

ただし、「上る」が高い位置へ移動する動作を端的に表している一方で、「昇る」と「登る」はその動作にさらに別のニュアンスを含ませます。

「昇る」は「勢い」を動作に付随させ、ある線に沿っていることを表します。
「登る」は「主体性」を動作に付随させ、労力を費やすことを表します。

これらを強調したい場合は「昇る」「登る」と表記する方が望ましいです。

慣用句や複合語

慣用句や複合語では、「昇る・登る」のニュアンスを無視して「上る」を優先する場合があります。

・社長の座に上り詰める。
・船頭多くして船山に上る。

タイトルとURLをコピーしました