限界代替率逓減の法則とは? 意味や例をわかりやすく解説。

経済学

あなたは小腹が空いたのでコンビニに行くことにしました。でもお菓子やジュース、お弁当やレジ横のフライヤーなど、色々な商品に目移りしてどれを買うか迷ってしまいます。

お財布の中を見てみると、1000円札一枚と小銭が少々。

限られた予算の中で、何をどれだけ買うのが一番満足するでしょうか。どれだけお菓子を買えばお弁当を一つ諦めてもいいと思えるでしょうか。

この記事ではそんな状況を分析した限界代替率逓減の法則について簡単に解説していきます。

スポンサーリンク

限界代替率逓減の法則とは

まず限界代替率について説明します。

限界代替率とは、二つの財を想定したときに、片方を追加で一つ手に入れるためにどれだけもう片方を諦められるか、あるいは片方を一つ諦めるのならどれだけもう片方の見返りが欲しいか、財と財を比べたときの、その主観的な交換比率のことです。

逓減とは「少しずつ減っていく」という意味です。

つまり限界代替率逓減の法則とは、交換能力が少しずつ減っていくことを意味します。

消費者に1財を一つ諦めさせることができる2財の交換能力は徐々に減っていきます。元々は1:1交換ができたとしても、やがて1財一つを諦めさせるには大量の2財が必要になります。

具体例

例えば効用を一定に保ちながらパンの消費を減らし、ジャムの消費を増やしていくとすると、パンを一つ諦めてもいいと思えるジャムの量はどんどん増えていきます。これはジャムのパンに対する限界代替率が小さくなっているからです。

10個あるパンのうち2、3個を諦めてジャムが手に入るならそうしますが、9個諦めてジャムを手に入れようとは思いませんよね。

どうしても9個諦めるのであればせめてジャムは大量に貰わないと釣り合いません。なぜなら限界効用逓減の法則によってジャムの効用は小さくなっているからです。

限界効用逓減の法則とは簡単に言えば、消費を増やせば増やすほどその財の満足度は下がっていくという法則です。

パンとジャムの関係を式に表すとこのように書くことができます。

パンに対するジャムの限界代替率=(ジャムの限界効用)/(パンの限界効用)

パンの消費量を減らしてジャムの消費量を増やすと、パンの限界効用は増加しジャムの限界効用は減少します。つまり分母が大きくなって分子が小さくなるので、限界代替率はどんどん小さくなります。

この限界代替率は無差別曲線の傾きと一致します。片方の財に消費が偏れば偏るほど傾きは急になります。

まとめ

もう一度限界代替率逓減の法則について振り返ります。

限界代替率逓減の法則とは、財の交換能力が減少していくことです。その財一つで別の財一つを諦めさせることができたのに、それを繰り返していくと徐々にその能力は失われていきます。

つまり、ほどほどが一番ということです。

タイトルとURLをコピーしました